AskPartners(アスクパートナーズ)

😀AskPartners(アスクパートナーズ)は、資産形成を考えられている方のお悩みや疑問に対して専門家(士業関連)や資産形成の経験者から回答がもらえるサービスです。🤗 専門家の意見や経験者の実体験などの回答を参考に、あなたの資産形成をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

【新設】楽天ペイメント株式会社 2019年4月スタート

f:id:AskPartners:20190219110739j:plain

楽天株式会社が、2019年4月に「楽天ペイメント株式会社」を新設することを2018年通期及び第4四半期の最新決済資料にて新事業体制を発表した。

この楽天が新設する「楽天ペイメント株式会社」とは、現在、楽天傘下の仮想通貨取引所を運営する「みんなのビットコイン株式会社」が3月に「楽天ウォレット株式会社」に商号変更し、「楽天ペイメント株式会社」の子会社として決済事業を担う。

askpartners.jp

 

遂に、金融業界のブロックチェーン証券の取引を合法化(ルクセンブルク)

f:id:AskPartners:20190218111230j:plain

ブロックチェーン枠組み法案が2月14日ルクセンブルク議会で可決したことにより「金融業界のブロックチェーン証券の取引が合法化」となった。とLuxembourg Timesが報じた。

この法律により、有価証券を取り扱う際に法的な確実性が向上する効果が大きく見込まれる。尚、仲介者の数を減らすことが出来るため、効率化がアップすると言われている。

askpartners.jp

【再開】コインチェック電気料金をビットコイン支払いサービス(2月20日より)

f:id:AskPartners:20190215113409j:plain

まだまだ記憶に鮮明なコインチェックCoincheck)の不正アクセスによる580億円の仮想通貨が盗まれ、サービス利用者の出金停止となった事件。
当時、サービス展開していた「コインチェックでんき」をご存知だろうか。

コインチェックでんきとは、2016年11月より提供を開始し電力会社との契約を株式会社イーネットワークシステムズと行うことにより、毎月の利用料金の1~7%をビットコインで付与するというものであり、ビットコインにより電気代を支払うことも可能なもの。

不正アクセス事件の際、「ビットコイン決済プラン」は利用停止、「ビットコイン付与プラン」はBitcoinの代替として現金による還元という措置を通達していた。

 

コインチェックでんき 再開発表。電気料金をビットコイン決済可能に

今回のサービス再開は、コインチェックが1月11日に仮想通貨交換業者として金融庁から認定を受けたことによるものだという。
2月20日から「ビットコイン決済プラン」のサービスを再開し、新規登録および他プランからの切り替えが可能となる。

askpartners.jp

【金融庁発表】100万口座突破「つみたてNISA」

f:id:AskPartners:20190214105353j:plain

金融庁が2月12日に、つみたてNISAの口座数が100万口座を突破したと発表した。

特に目立ったのは、若年層の新規口座開設。約1年にして個人投資家の拡大に大きく繋がりが出ている。
100年時代を迎えて、将来に向けた資産形成にベクトルを変え始めた人が増加していることが顕著に現れた結果となった。

askpartners.jp

【20億調達】より身近になったおつり投資「トラノコ」から目が離せない

f:id:AskPartners:20190213101606j:plain

TORANOTEC株式会社(東京都港区虎ノ門、代表:ジャスティン・バロック)が提供する「トラノコ」
『すべての人を投資家に』というコンセプトのもと、おつりを投資の資金に活用するというユニークなアイディアを展開している。

事業拡大に向けた戦略的パートナーシップを前提とした提携で、セブン銀行がトラノコへ20億円を出資した。

現代の生活に無くてはならない存在となっているコンビニで事業展開しているセブン銀行との連携により、今後トラノコはさらなる身近な存在となることが期待される。
同社が掲げている「すべての人を投資家に」がより鮮明になった。

askpartners.jp

 

 

【日本初】最先端ベンチャー企業の株主になれる。株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」

f:id:AskPartners:20190212102707j:plain

株式会社日本クラウドキャピタル(東京都品川区東五反田、代表:柴原 祐喜)が提供する「FUNDINNO(ファンディーノ)」が、累計成約額17億円突破したと発表。

日本初の株式投資クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」とは、非上場株式の発行によりインターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みであり、「FUNDINNO」で取り扱っている案件にはプロの投資家が投資をしている案件も多く、その成長性に期待ができる企業を掲載している。

askpartners.jp

【超絶成長】ソフトバンクグループが投資会社として展開していくこと。日本企業はその仕組みを知るべき

f:id:AskPartners:20190208112934j:plain

ソフトバンクグループが投資事業として力を入れている「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」をご存知だろうか。

ソフトバンクグループの一事業し、事業内容は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンドによる投資事業。
情報革命の次の段階の基盤となり得る事業の構築のためには、これまでにない大規模かつ長期的な投資が必要であるという確固たる信念の下、次世代のイノベーションを引き起こす可能性のある企業やプラットフォーム・ビジネスに対して投資を行う事業である。

より大規模かつ長期的な投資活動を目指し、IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、ロボティクス、モバイルアプリケーションおよびコンピューティング、通信インフラならびに通信事業、計算生物学、その他データ活用ビジネス、クラウドテクノロジー、ソフトウエア、消費者向けのインターネットビジネス、金融テクノロジーなど広範囲のテクノロジー分野において、上場・非上場、保有株式割合の多寡を問わず、新興テクノロジー企業から大企業まで、投資を行う。

askpartners.jp