AskPartners(アスクパートナーズ)

😀AskPartners(アスクパートナーズ)は、資産形成を考えられている方のお悩みや疑問に対して専門家(士業関連)や資産形成の経験者から回答がもらえるサービスです。🤗 専門家の意見や経験者の実体験などの回答を参考に、あなたの資産形成をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

ヤフー×LINEで超アプリ確立へ 旅行のマッチング精度向上、事業者のDX支援

Zホールディングス(ZHD)傘下のヤフーと LINEは3月1日、経営統合を完了し、国内で延べ3億人以上が利用する情報、決済、コミュニケーションのサービスを持つ企業となった。コマース、ローカル・バーティカル、フィンテック、社会の4つの領域に資源を集中し、…

ファミマが開く「金融・新時代」の扉──銀行は生き残れるのか

<ファミリーマートの「ファミペイ翌月払い」と「ファミペイローン」で、金融業界の地殻変動がいよいよ本格化> コンビニ大手のファミリーマートがスマホを活用した消費者金融サービスへの進出を表明した。スマホ決済アプリ「ファミペイ」を使って、利用者に…

米国3位のカード会社、暗号資産事業への参入を検討

アメリカ第3位のクレジットカードブランド「ディスカバー・フィナンシャル(Discover Financial)」が、暗号資産(仮想通貨)事業への参入を目指しているようだ。 ディスカバー・フィナンシャルは2日、暗号資産ビジネスを担当するブロックチェーン&デジタル…

【今こそFIREを目指す】資産形成ランキング2021年3月版発表!

FIREを実現するための「資産形成」をランキング形式でご紹介 askpartners.jp

カブコム証券が投信コミュニティ「ファンドスクエア」開始 ソーシャルネット証券目指す

auカブコム証券は2月25日に、投資信託コミュニティサイト「FUND SQUARE(ファンドスクエア)」を開設した。投信について、金融機関などのプロと個人投資家同士がコミュニケーションを取れるプラットフォームで、auカブコム証券の口座を持っていなくても参加…

フィンテックグローバル-急騰 プライベートエクイティ投資に関連する収益8億円計上へ

フィンテック グローバル<8789>が急騰。同社は22日、プライベートエクイティ投資を行うファンドからの投資回収、およびこれに関連するアセットマネジメント業務受託の報酬などにより、21.9期2Q(1-3月)に連結で売上高7.9億円を計上し、営業利益および経常利…

中国、オンライン融資の規制強化-フィンテック企業にさらなる打撃

中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は20日、オンラインの小口融資事業者との共同融資を巡り銀行など金融機関に対する新たな規制を発表した。大手フィンテック企業が手掛ける急成長分野の一角にとっては、さらなる打撃となる。 askpartners.jp

フィンテック「ストライプ」の企業価値は12兆円、年内に上場か

未公開企業の株を売買するセカンダリーマーケットに集う投資家たちは、サンフランシスコ本拠の決済関連のフィンテック企業「ストライプ」の企業価値を1150億ドル(約12.2兆円)と評価している模様だ。この金額は、同社が2020年4月にアンドリーセン・ホロウィ…

フィンテックのWED、通販で現金還元サービス

フィンテックのスタートアップでレシート買い取りアプリを手掛けるWED(ウェッド、東京・渋谷)は、電子商取引(EC)サイトで買い物をすると現金に相当する額が還元されるサービスを始めたと発表した。購入額の2~15%が還元される。ファッションや家電など31…

シリコンバレー有力者の資産運用会社アイコニック、欧州法人を設立

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)らテクノロジー業界著名人の資産運用を手掛ける米マルチファミリーオフィスのアイコニック・キャピタルは、欧州法人を設立した。欧州のスタートアップ企業への関心の高まりが背景にあると…

投資額は過去5年で3倍、加熱するアフリカテック・スタートアップ投資

2020年は世界的に新型コロナウィルスの影響を受けた1年となったが、その状況下でもアフリカのテック系スタートアップ全体の年間資金調達額は7億ドルを超え、その額は過去5年で3倍以上に増加したとするレポートをDisrupt Africaが発表している。 askpartners.…

楽天、1142億円の最終赤字 「楽天市場」は年間の流通総額4兆円超え

楽天は2月12日、2020年12月期の決算を発表した。売上高が1兆4555億円(前年比15.2%増)、営業損益が938億円の損失、親会社の所有者に帰属する当期損益は1142億円の損失だった。大きな赤字については、将来へ向けた前向きな投資の結果としている。 askpartne…

マネックス証券、NISA利用に関する調査結果を公表

マネックス証券は、2月13日(土)のNISAの日を控え、投資に関する意識調査を実施し、結果を公表した。この調査はマネックス証券に口座を保有し、NISAを利用している男女を対象に行われ、計6,504名の回答を得た。 askpartners.jp

国内DX投資は2030年度に3兆円超

富士キメラ総研がまとめた「2020 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望」によると、デジタルトランスフォーメーション(DX)の国内市場(投資金額)は2019年度に7912億円となった。2030年度には3兆425億円に達すると同社は予測している。 askpart…

米仮想通貨投資企業Bitwise、ビットコイン投資信託のOTC上場手続きを進める

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Bitwiseが現在販売するビットコイン投資信託を米主要OTC市場のOTCQXに上場させる法的手続きを進めていることがわかった。 Bitwiseのビットコイン投資投資信託は2018年より私募の形で販売を開始された。仮にOTCQXに上場すれば…

楽天証券、月間の投信積立額が350億円超に ”楽天投資エコシステム”が効果

楽天証券の投資信託積立額が月間で350億円を超えてきた。約110万人が積み立てを設定しており、前年から約2倍に。投資信託の残高は前年同期から53.3%増えて、1.5兆円を超えた。主要オンライン証券の中では、SBI証券の投資信託残高が2兆5750億円とトップだが、…

【必見】資産形成ランキング2021年2月版発表!

このご時世だから始めるべき「資産形成」をランキング形式でご紹介 資産形成比較ランキング|AskPartners【アスクパートナーズ】

JPモルガン、デジタル銀行で英進出 フィンテック競う

【ニューヨーク=大島有美子】米銀最大手のJPモルガン・チェースは27日、2021年中にも個人向けの銀行サービスを英国で始めると発表した。店舗は出さず、スマートフォンを軸としたデジタルバンクで預金や貸し出しなど基本機能を提供する。英国は金融とIT(情報…

給与デジタル払い21年春解禁、銀行口座介さず 政府方針

政府は今春に給与のデジタル払いを解禁する。企業は銀行口座を介さずに従業員のスマートフォンの決済アプリなどに振り込めるようになる。利用者は銀行からお金を引き出す手間がなくなる。デジタル払いが広がると、給与振り込みの口座を起点に預金を集める従…

5GがFinTechに与える影響は

株式会社矢野経済研究所が行った「国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査(2019年)」によると、2018年の国内フィンテック市場規模は前年度比42.7%増の2,145億円に達し、2022年には1兆2,102億円にまで拡大する見通しです。 askpartners.jp

自動車ローン借り換えプラットフォームのMotoRefiが10.4億円調達、パンデミックの中で収益6倍

新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックが北米に拡大する1カ月前、自動車フィンテックのスタートアップであるMotoRefiは、新たに約900 万ドル(約9億3000万円)の資金で武装し、借り換えプラットフォームを大衆に提供しようと準備を進めていた。 askpar…

デジタル証券プラットフォームiSTOXがシリーズAで約52億円調達

プライベートエクイティ(PE)投資をより身近なものにすることを目指しているデジタル証券プラットフォームのiSTOXは、シリーズAラウンドに日本からの新たな投資家を追加し、総額5000万ドル(約52億円)を調達した。新たな投資家の中には、政府系の日本政策…

ビットコインとテスラ株は最大の“バブル”、投資家の半数が回答:ドイツ銀調査

ドイツ銀行(Deutsche Bank)が投資家を対象に行ったアンケート調査で、回答者の半数以上が、ビットコインと米電気自動車テスラの株の高騰を、現在の金融市場における最大のバブルだと答えた。 調査は、627人の投資家を対象に今月13日~15日に実施された。回…

「目利きの個人」が選んだ2020年のベスト投信は?

年に1度、個人投資家自らが優れた投資信託を選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー2020」が16日に発表された。インデックス(指数連動)型投信「eMAXIS Slim全世界株式(オ-ル・カントリー)」が2年連続で1位に選ばれるなど、低コストで世界の株式に幅広く投資…

JPモルガンCEOが対決姿勢鮮明、フィンテックは不公正取引と主張

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は15日、フィンテック新興企業が不公正なビジネスを行っているとしてけん制する発言をした。 アナリストとの電話会議で「不公正な競争の事例が複数ある。これについてわれわれは最…

米国フィンテックの「最注目企業4社」をフォーブスが選出

2020年は、フィンテック業界にとって激動の1年となった。新型コロナウイルスのパンデミックは、経済に巨大なダメージを及ぼしたが、米政府による現金給付が消費者の銀行口座に振り込まれ、あらゆる買い物がEコマースで行われるようになると、ファイナンスア…

ウォルマートがフィンテックのスタートアップ創設へ、リビットと提携

世界最大の小売り企業、米ウォルマートは11日、中核市場を超えた事業拡大を続けるため、フィンテックのスタートアップ企業設立を発表した。 発表資料によると、ウォルマートは人気取引プラットフォーム、ロビンフッドの投資家であるリビット・キャピタルと戦…

GCashがBow Waveから新規投資を獲得

【マニラ(フィリピン)2021年1月8日PR Newswire=共同通信JBN】Globe Telecomのフィンテック部門で、フィリピンで人気のGCash用モバイルウォレットを運用しているGlobe Fintech Innovations, Inc.(Mynt)は、投資会社Bow Wave Capital Management(Bow Wav…

日経平均70年の推移から株式投資の王道を検証する

2020年の株式市場は、良くも悪くも『過度のオーバーシュートの連続相場』であった。2020年1月には2万4000円まで上昇した日経平均株価指数も、ほんの1月半で1万6000円近くまで暴落した。だが、政府と日銀が間髪を入れずに大規模な財政出動と量的緩和策を打ち…

【重要】資産形成ランキング2021年1月版発表!

<2021年>今年始めるべき「資産形成」をランキング形式でご紹介 askpartners.jp