AskPartners(アスクパートナーズ)

😀AskPartners(アスクパートナーズ)は、資産形成を考えられている方のお悩みや疑問に対して専門家(士業関連)や資産形成の経験者から回答がもらえるサービスです。🤗 専門家の意見や経験者の実体験などの回答を参考に、あなたの資産形成をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

メルカリ、スマホ決済で小口融資

フリマアプリのメルカリは30日、スマホ決済「メルペイ」で小口融資のファンドに投資できる仕組みを始めると発表した。アプリ内の中古品取引で得た代金を、メルカリが借り手となるファンドに出資する仕組み。スマホ決済の使い道を日常の買い物だけでなく、投…

【重要】資産形成ランキング2020年12月版発表!

<2020年>年内に始めておくべき「資産形成」をランキング形式でご紹介 askpartners.jp

中国不動産市場は「バブル崩壊前の日本にそっくり」

中国の不動産投資熱は冷める様子がなく、かつての日本のように不動産バブルが弾けると言われながらもいまだに弾けていない。新型コロナの感染拡大を経験してもそれは変わらないようだが、中国メディアの網易は25日、「今の中国の不動産は、日本のバブル崩…

ビットコイン一時14%急落、暗号資産軒並み安-利益確定や規制観測で

暗号資産(仮想通貨)ビットコインが26日の取引で一時14%急落した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)発生が3月に手じまい売りを誘って以降、最も急激な下げに見舞われる営業日の一つになりそうだ。他のデジタル資産も軒並み20%余り下落…

Google Plex 始動

Googleは、Google PayのAndrooid・iOS双方に向けた大規模なアップデートをつい先日発表した。生まれ変わったこのアプリは、Apple PayやSamsung Payだけでなく、PayPal、VenomoやMintを全て一つにまとめた形となった。また、Googleは来年1月を目途に米国の11…

デジタル人民元は10年で10億ユーザーに拡大する:ゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックスが「Reinventing the Yuan for the Digital Age(デジタル時代に向けた人民元の再発明)」と題した81ページにわたるレポートを発表した 中国のデジタル通貨/電子決済(DC/EP)、いわゆる「デジタル人民元」は、キャッシュレス環境にお…

ビットコインが急騰中\2020年11月/

ビットコインのマイナー(採掘者)の収益(Blockchain.comサイト)は、最近の上昇にもかかわらず歴史的なピークをはるかに下回ったままであることに注意して欲しい。またCoinMarketCapのデータによると、採掘された全ビットコインの総額が過去最高になってい…

ウェルスナビの上場、東証が承認 来月22日マザーズに

東京証券取引所は18日、ロボットを活用して資産運用を指南するウェルスナビ(東京・渋谷)の上場を承認したと発表した。12月22日に東証マザーズに上場する。資産運用を手掛けるフィンテックとしては初の上場となる。 askpartners.jp

2020年終盤 金とビットコインのメリットを比較

「有事の金買い」と言われ、昔から金は他の資産に対する不安が高まった時の逃避資産として買われてきた。しかし最近ではビットコインが新たにそのような位置づけになりつつある。そこで金とビットコインのそれぞれのメリットデメリットを比較してみた。 askp…

2020年終盤 金とビットコインのメリットを比較

「有事の金買い」と言われ、昔から金は他の資産に対する不安が高まった時の逃避資産として買われてきた。しかし最近ではビットコインが新たにそのような位置づけになりつつある。そこで金とビットコインのそれぞれのメリットデメリットを比較してみた。 askp…

カリスマ創業者の誤算 習氏激怒、「アリペイ」上場暗雲

【北京時事】中国電子商取引最大手・阿里巴巴(アリババ)集団系列の金融会社アント・グループの新規株式公開(IPO)延期が波紋を広げている。アリババのカリスマ創業者である馬雲(ジャック・マー)氏の金融行政批判に怒った習近平国家主席が自ら延期を…

アフリカ最大の暗号資産市場ナイジェリア、海外送金にビットコインが使われる理由

ナイジェリア発のフィンテックスタートアップCriptofully は、国内銀行へビットコインを介した国際送金が可能なプラットフォームのβ版を9月に公開している。ナイジェリアはアフリカ最大の暗号資産市場であり、海外在住の国民によるナイジェリア国内への国際…

クラウド経営支援、東京東信金が開始 ココペリと提携

東京東信用金庫(東京都墨田区)はフィンテックベンチャーのココペリ(同千代田区)と提携し、クラウド型経営支援サービス「ビッグアドバンス」を始めた。月3300円(消費税込み)で全国各地の企業との商談、スマートフォンに対応したホームページの作成…

金融庁、フィンテック業者に対策要請=不正出金問題で

金融庁は10日、電子決済サービスを通じた第三者による不正出金が相次いでいる問題で、ITと金融を融合したフィンテックサービスを提供する電子決済等代行業者に安全対策の強化を要請した。スマートフォン決済などを通じ銀行との個人情報の共有が進む中、…

自動車用フィンテック市場2020のサイズ、シェア、成長とその詳細な分析と2028年までの予測

自動車用フィンテックの世界市場に関する最新の調査レポートは、推定期間における自動車用フィンテックの市場の完全な見通しの詳細な分析です。分析はまた、現在のパターン、ドライバー、機会、制限などの重要なターゲット市場のダイナミクスの詳細な理解を…

確定給付併用の確定拠出年金、掛け金上限5.5万円に上げ

厚生労働省と財務省は運用実績で給付額が変わる確定拠出年金で掛け金の上限を引き上げる方針だ。企業が将来の年金額を保証する確定給付型と併用する場合が対象。確定拠出で月2万7500円の枠を、確定給付と合わせて5万5000円とする。併用者は400万人おり、企業…

エルテス-CAICAテクノロジーズとアライアンス契約締結

エルテス<3967>は4日、CAICA<2315>の子会社CAICAテクノロジーズとアライアンス契約を締結したことを発表。 エルテスは、企業内のログデータや管理情報を統合的に分析、情報漏洩などの不正を検知する内部脅威検知サービス「Internal Risk Intellige…

アントの上海・香港上場延期、中国当局がジャック・マー氏を指導

中国のフィンテック企業アント・グループによる上海と香港での上場が延期された。アリババグループ傘下のアントは350億ドル(約3兆6600億円)規模の新規株式公開(IPO)計画を進めていた。 上海証券取引所は3日の声明で、アリババ創業者の馬雲(ジャッ…

企業が顧客に法人口座を提供できるようにするフィンテックWiseが13億円調達

フィンテックスタートアップのWise(ワイズ)がシリーズAラウンドで1200万ドル(約13億円)を調達した。同社は興味深い市場獲得戦略で法人口座を提供している。Wiseは他の企業と提携し、そうしたパートナー企業が自社の顧客に法人口座を提供できるようにして…

【必見】資産形成ランキング2020年11月版発表!

いよいよ2020年も残り僅か!今年中に始めるべき「資産形成」をランキング形式でご紹介 資産形成比較ランキング|AskPartners【アスクパートナーズ】

フィンテックブロックチェーン市場2019サイズ、ステータス、正確な見通し2025

フィンテックブロックチェーンマーケットは最近、100を超える業界の有益なデスクと図がページ全体に広がり、「フィンテックブロックチェーンマーケット」に関する詳細な目次を理解しやすいグローバルマーケット調査研究を発表しました。レポートは、取引所に…

Kyash、2B向けカード発行事業譲渡 コンシューマ向けにフォーカス

決済サービスKyashを提供するKyash(東京都港区)は10月27日、企業向けカード発行事業の「Kyash Direct」を、フィンテック企業のインフキュリオンに譲渡すると発表した。コンシューマ向け事業に注力するため。 askpartners.jp

「アリペイ」3・6兆円調達し上海、香港同時上場へ…過去最大調達額に

【北京=小川直樹】電子決済サービス「アリペイ」を運営する中国の金融会社アント・グループは26日、上海と香港の証券取引所で株式を上場すると発表した。調達額は計340億ドル(約3・6兆円)規模となり、2019年のサウジアラビア国営石油会社サウ…

米企業、フィンテック・スタートアップを買収、金額は2億ドル超か

ナイジェリアのフィンテック・スタートアップ企業のPaystackが10月15日、米国のオンライン決済企業Stripeに買収されると、両社がウェブサイトで発表した。買収額は非公開だが、10月15日付「Tech Crunch」によると、2億ドル超としており、ナイジェリアのスタ…

「SBIホールディングス」 群馬県の「東和銀行」と資本提携へ

ネット金融大手の「SBIホールディングス」は、群馬県の「東和銀行」と資本提携する方針を固めました。SBIは「地銀連合構想」を掲げていて、今回の資本提携は5行目になります。 関係者によりますとSBIホールディングスは、前橋市に本店を置く「東和銀行」と資…

前澤友作氏と暗号資産取引所CTOがフィンテックベンチャーを立ち上げ

日本の暗号資産取引所ディーカレットのCTO(最高技術責任者)が、衣料品ネット販売大手ZOZOの創業者である前澤友作氏と協力し、新たなフィンテック決済会社を共同創業することになった。 前澤氏は日本の億万長者で起業家だ。90年代後半に「スタート…

キャッシュレス経済への移行を進めるカンボジアフィンテック市場

カンボジア国立銀行(NBC)が2020年に発表したデータによれば、カンボジアにおけるフィンテックサービスのニーズと実際の供給には約240億ドルのギャップが生じているそうだ。また、総人口1,600万人の内450万人はFacebookアカウントを所持しているとのデータ…

マネーフォワード、「お金の健康診断」を提供する400Fと資本業務提携

マネーフォワード<3994>は15日、SaaSやフィンテック領域に特化した出資プロジェクト「マネーフォワードファンド」を通じて、お金のマッチンングプラットフォーム「お金の健康診断」を提供する400Fに対して出資契約を締結し、業務提携したと発表した。 askpar…

「後払い」のフィンテックAffirmが上場へ、企業価値1兆円の可能性

後払いサービスで人気を博すサンフランシスコ本拠のフィンテック企業「Affirm(アファーム)」が10月8日、「コンフィデンシャルIPO」の形式で上場申請書類を提出した。同社は先日、5億ドル(約528億円)の資金調達を実施したばかりだが、IPOにより事業基盤を…

SBIグループ、国内初のSTO事業を開始、ブロックチェーンを使った第三者割当増資、デジタル社債など

SBIホールディングスは、国内初となるセキュリティトークンオファリング(Security Token Offering、以下「STO」)に関連するビジネスを、同社グループとして開始すると発表した。 askpartners.jp