AskPartners(アスクパートナーズ)

😀AskPartners(アスクパートナーズ)は、資産形成を考えられている方のお悩みや疑問に対して専門家(士業関連)や資産形成の経験者から回答がもらえるサービスです。🤗 専門家の意見や経験者の実体験などの回答を参考に、あなたの資産形成をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

「THEO+ [テオプラス] docomo」が投資を変える!?

AIを活用したロボアドバイザーによる個人向け投資一任運用サービスとして、約6000銘柄のETFの中から、顧客の年齢、投資目的などに応じて自動で資産運用するTHEO誕生。運用者は4万人を突破。 AskPartners【アスクパートナーズ】

日本から台湾への株式投資、大幅増 背景に日台専門チームの立ち上げ

台湾証券取引所の統計によれば、今年1~3月の日本からの株式投資額は3318億台湾元(約1兆2250億円)となった。2013年の年間投資額は1069億元(約3950億円)にとどまっており、5年で大幅に増加している。 askpartners.jp

「iDeCo」の今後を考えると重要なニュース

1.iDeCoが銀行の窓口でも販売される2.iDeCo、投資信託販売にシフト規制緩和で便利になる裏に潜む注意点金融機関は本当に客の利益を優先するか? askpartners.jp

4月の株式投信、6カ月連続で資金流入超

株式投信の設定額から解約・償還額を差し引いた資金動向は1781億円の流入超となった。流入超は6カ月連続。純資産総額は99兆2110億円と前月に比べ2兆2651億円増えた。 askpartners.jp

【無料】<10秒で分かる!>自分の強味が最大限に発揮できる資産形成方法

https://askpartners.jp/diagnosis

新規加入者3万人超! みんながiDeCoを始めた理由

1.自分に利益がありそう2.老後資金にゆとりが出ると思った3.国がお墨付きを与えてくれた節税ができる askpartners.jp

つみたてNISA対象投資信託をクレジットカード決済で販売する証券会社設立(丸井グループ)

証券事業では、「つみたてNISA」対象の投資信託を、エポスカード発行のエポスカードで購入してもらう予定だという。クレジット払いで投資信託を購入できるのは、日本初のスキームである。 AskPartners【アスクパートナーズ】

不動産投資プラットフォーム運営の「リーウェイズ」が1億2000万円の資金調達を実施

AIを活用した不動産投資プラットフォーム「Gate.」を開発・運営。独自に開発したAIによる収益分析のもと、より安全な投資不動産取引を行えるサービス。 askpartners.jp

株式投資こそ資産形成の可能性に満ちたものはない

「株式投資は丁半博打などではない」である。無論、リスクはつきもの。要は「リスクをミニマム化しうる手法」で臨むのだ askpartners.jp

60代からのNISA 「投資の利益」と「保険料アップ回避」の2大メリット

人生100年時代を前提にすれば、60代からでも「投資の利益」と「保険料アップ回避」の2つのメリットを十分に享受するチャンスがある askpartners.jp

下げ局面ではバリュー感際立つ低PER株狙い

戦略は「ボックスの下限ではポジションを多めに、上限ではポジション量を減らして対応する」、「下方硬直性が強い低PER、低PBR株を多めに組み込む」こと askpartners.jp

インドで政府主導の株式ブーム到来!

ウォールストリート・ジャーナルによるとインド政府の株式投資奨励策が実を結んで、国内の個人投資家が初めて株式を買いはじめている askpartners.jp

株、海外投資家が4週連続で買い越し 1151億円・4月第3週

海外投資家(外国人)は4週連続で買い越した。買越額は1151億円。買越幅は前の週(845億円)から拡大。 askpartners.jp

【ロボアドバイザーの躍進か?】自動資産運用サービス「WealthNavi for ソニー銀行」におけるおつりで資産運用アプリ「マメタス」提供開始

ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:住本 雄一郎/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、ウェルスナビ株式会社(代表取締役CEO:柴山 和久/本社:東京都渋谷区/以下 ウェルスナビ社)の自動資産運用サービス「WealthNavi for ソニー銀行」におい…

人気集める機動的運用バランス型(投信観測所)

金融機関が個人顧客に代わってファンドで資産運用する金融サービス「ファンドラップ」が普及。このファンドラップ人気を機に、機動的に資産配分を行う「リアロケーション・タイプ」のバランス型ファンドへの資金流入が拡大 askpartners.jp

「国内株式型」がリターン首位 2017年度の投信

国内公募の追加型株式投資信託について、投資対象の資産別に2017年度(2018年3月末時点)の1年リターンでランキングしたところ、「国内株式型」が20.7%で首位だった。「新興国株式型」が14.6%で続いた askpartners.jp

バランス型投信へ資金流入続く 株価調整で分散に着目

バランス型の設定額から解約額を差し引いた3月の資金流出入額は、1504億円の流入超だった。流入超は15カ月連続となる。 askpartners.jp

決算シーズン直前!事前&事後に確認すべき4大ポイント

1.決算発表の日時をチェック2.コンセンサスや会社予想をチェック3.今期予想や想定為替レートをチェック4.自社株買いの有無や配当方針をチェック AskPartners【アスクパートナーズ】 | ネットで資産形成や投資の相談・Q&A検索

勝つ投資でなく、負けない投資を。

マーケットを取り巻く魅力的な宣伝文句や数字の短期的な上下に惑わされずに、「負けない」戦いを長く続けていくこと askpartners.jp

投信の保有で毎月ポイント 現金やマイルにも交換可

投信を積み立て投資するなどして保有残高が増えていけば自然と獲得ポイント数が積み上がる(日本経済新聞) askpartners.jp

TATERU<1435>急伸、来期以降も高成長継続を予想して国内証券が新規買い推奨

AskPartners【アスクパートナーズ】 | ネットで資産形成や投資の相談・Q&A検索

海外投資家の売りが止まれば短期のリバウンド相場へ

2017年の「適温相場」は18年1月の米国金利の急上昇で変調の兆しを見せ、2月にVIX指数の急上昇が株式市場にも波及し、3月にはトランプ米大統領が鉄鋼、アルミニウム製品に輸入関税を課すと発表したことから、投資家の心理はリスクオフに傾いた(ダイヤモン…

【お金のデザイン】機関投資家向け新チャネルブランド開始

機関投資家向け新チャネルブランド「ARCA GLOBAL ASSET」は顧客のニーズに応じてカスタマイズを行い、投資ユニバースもニッチな市場に投資するETF等にまで広げる。 askpartners.jp

仮想通貨が「金商法」適用となれば市場はどう変化するか

既存の投資商品とは比較にならないスピードで進化する仮想通貨市場を考えると、遠くないうちに仮想通貨を保有する人が「人口の10%(1200万人)」に達することは決して夢物語ではない(マネーポスト) askpartners.jp

「ひふみプラス」が急拡大 ここ半年の人気投信

近年、地方銀行などの販路が増えたのに加え、数少ない「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」対象のアクティブ型投信であることも後押しし、規模を急拡大させている。 askpartners.jp

【4兆416億円】対内株式投資、3月は処分超(財務省)

3月の対外対内証券投資売買契約の状況(指定報告機関ベース)は、対内株式投資が4兆416億円の処分超、対外債券(中長期債)投資が1兆6027億円の取得超、対内債券(中長期債)投資が1兆2705億円の処分超(ロイター) AskPartners【アスクパー…

清水社長「良い成果」^^ 日生、AI活用の資産運用を試験的に開始。

人工知能(AI)の深層学習機能を活用した資産運用を試験的に始めた。最先端のITを活用し、運用力を高める狙い(産経ニュース) AskPartners【アスクパートナーズ】 | ネットで資産形成や投資の相談・Q&A検索

【株式投資】<インド>覚醒する巨象 沸き立つ内需、中国しのぐフロンティア

インドで今、現地の中間所得層の株式投資が活発だ。17年度の国内投資家の株式投信への資金流入額はすでに前年度の2倍を超えている。(日本経済新聞) AskPartners【アスクパートナーズ】 | ネットで資産形成や投資の相談・Q&A検索

米株安受け利益確定売り意識か

日経平均株価は心理的な節目である2万1000円を割り込む場面も予想され、市場では2万0900円から2万1300円程度での動きを予想する声がある。(日本経済新聞) askpartners.jp

年初来の資金流入、テーマ型投信が上位に

国内公募の追加型株式投資信託(ETF除く)の資金流入額を年初から3月26日時点でランキングしたところ、投資対象を特定の分野に限定して運用するテーマ型が上位10本の半数を占めた。(日本経済新聞) askpartners.jp